ウォーターサーバーの費用を比較

subpage01

家庭用のウォーターサーバーが人気を集めており、様々なタイプのサーバーや宅配水などが提供されていますが、それぞれにかかる維持費には、どの程度の違いがあるでしょうか。

最近気になったOKWaveの情報を簡単に探すことができます。

まず、ウォーターサーバーで利用される水には二種類があり、天然水タイプと、RO水タイプに分かれています。
天然水とRO水それぞれに味や成分など違った特徴があり、価格にも差がある傾向です。


メーカーによっても異なりますので一概にはいえませんが、どちらかというとRO水のほうが、天然水よりも比較的安い価格で、提供されています。天然水は、富士山麓などのきれいなお水を殺菌処理したものですが、RO水は、原水にかかわらず、RO膜によって徹底的に不純物を濾過処理したものを指します。



ただし、RO水も天然水を原水としていることがあり、この場合は、普通の天然水とさほど価格に差がないかもしれません。
家庭用ウォーターサーバーには卓上タイプと床置きタイプがありますが、最近はサーバー自体が無料のことも多いため、どちらを利用したとしても、宅配水と電気代はあまり変わらないといえます。

通常のサーバーと、節電タイプのサーバーを比較すると、やはり節電タイプのほうが、電気代が安くなる傾向です。
水の種類やサーバーの違いなど、ウォーターサーバーには様々なものがありますので、それぞれのメリットや費用などを比較して、自宅に適しているサーバーを選ぶことが、大切だといえるでしょう。

ウォーターサーバーの比較について知りたいならこのサイトです。