ウォーターサーバー本体の比較

subpage1

ウォーターサーバーの型はメーカーによってさまざまです。
大きくわければ、自立式と卓上タイプの2種類。ダイニングにも置ける超小型の卓上タイプのものや、自立式で大容量のものなど選択肢はいろいろあります。



卓上タイプと自立式を比較してみると、一人暮らしの方には卓上タイプが圧倒的に人気です。
限られたスペースに大きな自立式のウォーターサーバーは圧迫感があり場所をとるので順当な結果です。

T-SITEの情報はこちらのサイトです。

また、飲料水としての利用だけなら温水機能が必要ないという方も多いようです。自立式は現在のウォーターサーバーの主流ですので、種類が豊富で機能もさまざま。


ライフスタイルによって選べるのがメリットです。

業務用の大きなイメージが強かった以前と違い、最近では背の高いスリムタイプのものに人気が集まっています。
キッチンなどのデッドスペースに、置けるのもうれしいポイントです。

また、足元に水をセットするタイプは女性に人気。


重いウォーターボトルをウォーターサーバーの上まで持ち上げるタイプと比較すれば、女性に人気なのも納得です。
また最近のウォーターサーバーのデザインの変化にも注目が必要。一般家庭への普及とともに、ご自宅のインテリアに合わせられるよう、さまざまな色合いのサーバーが販売されています。
メーカーによっては同じ機種で、カラーバリエーションを増やしているところもありますので、インテリアに合わないからと悩む必要も少なくなりました。


いろいろなメーカーを比較して、ライフスタイルにあったものを選びましょう。



生活の特徴

subpage2

各社様々なタイプを提供しているウォーターサーバーですが、実際に使用してみると、色々と特徴があり、良い面と悪い面が見えてきます。しっかりと比較してから契約すれば、コストに見合った満足できるサービスを受ける事が出来ますので、慎重にいきましょう。...

next

意外な真実

subpage3

家庭用のウォーターサーバーが人気を集めており、様々なタイプのサーバーや宅配水などが提供されていますが、それぞれにかかる維持費には、どの程度の違いがあるでしょうか。まず、ウォーターサーバーで利用される水には二種類があり、天然水タイプと、RO水タイプに分かれています。...

next

生活の秘密

subpage4

ウォーターサーバーを選ぶとき、悩むのが水の選択です。自然な水である天然水と、水を可能な限り濾過したRO水。...

next

1から学ぶ生活

subpage5

ウォーターサーバーは幾つかのメーカーが扱っているので、導入を検討している場合、それぞれ比較して決めるのですが、比較材料として水とサーバーの2つがあります。水は、天然水と特殊なフィルターでろ過されたRO水があり、天然水は各名水地と呼ばれる場所から採水していて、場所によってミネラル成分が違うので風味や味が異なり、RO水は純水に近い状態なので、赤ちゃんなどのミルク作りなどにも適していますが、ミネラル成分もろ過されてしまうので、人工的に添加しているRO水もあります。...

next